同梱不可 ナカキン ミーティングボード MBS-700

2022年最新入荷 millemolature Moretti Carlo 5S フラワーベース 花瓶 オブジェ花器 カルロモレッティ ベネチアングラス ムラーノitaly 601.37 CR 工芸ガラス


今日はゆで卵の蒸し時間についてです。正しくは「ゆで卵」でなく「蒸し卵」。

せいろで蒸し卵はとてもおいしく上手にできます。私は木のせいろで毎日なんらかの蒸し物(多くやご飯の温め直しや野菜蒸し)をするので、卵も同時に蒸して醤油やみりんに浸けて冷蔵庫にいれておくのです。4~5日は持ちます。朝も昼も夜も簡単なおかずになります。私は柚子胡椒の食べるのが好き。

私の蒸し卵の正解は、黄身が半熟でちょっとどろっとしているもの。

何分蒸したらいいのか、はかってみました。

卵に書いた数字は蒸し時間です。タイマーが鳴ったらぱぱっと取出し、冷水につけます。冷えたら殻をむきます。

できあがったのがこちらです。



単なるゆで卵として食べるなら9番。片茹で卵なら10分くらいは必要なのかなあ。

でも8分は黄身の外側はちょっと固まりすぎる。(私の理想には)



5分は全く黄身には火が入っておらず白身だけがかたまった状態。

6分は黄身の外側がいい感じに固まり始めてはいるんですが、中のどろっと間が少ない。

う~ん。う~ん。

どろっとさせるために、高温でなくふわっと熱を入れるため、

火を止めて2分ほど待つことにします。

8分蒸して、火を止めて2分




6分蒸して、火を止めて2分ならどうかな。

うわー、ばっちり。これです。これこれ。

6分蒸して2分余熱がばっちり。

純錫茶筒

やはり火を止めて数分待たないといけないんですね。余熱でどろっとします。

おそらく2分でなくても余熱なら3~4分おいておいてもよさそうな気がします。
実験するとすっきり。



B00469 青木美歌『animagraphy#6』細長く大きな立体 ガラス オブジェ /桜
ページ先頭へ
☆高級機 SONY LD MDP-A7 説明書 CD/CDV/LD PLAYER